ニキビ対策体験談

症例4・22歳・女子。

この方のように、大いに小さなニキビだけども、所嫌わずにあり、全てとして赤みや開いた毛穴?オイリー肌が気に掛かるといった患者さんの数が大いに増加しております。

 

4年前までは、このタイプのニキビには、そんなに打つ手がなかったのですが、現在では独自成分で話は終わりです。

 

独自成分さえ処方しておけば、ドクターは何もしなくていいのです。

 

患者さんたちがまじめに定期的着色してさえくれれば、あとはこの方の写真のように対策できていくだけです。

 

実際に独自成分様様(さまさま)です。

 

2十十十年の9月になって、諸々な世界中の学者たちの研究成果を片付けしてみて、確信したのですが、皮膚の中にさえビタミンCが吸収されれば、コラーゲンは確実に増加するし、皮脂腺は収縮し、血管壁のコラーゲンも増加するし、セラミドの合成にもビタミンCが関与しているらしいので、毛穴の異常角化も改善し、結果的に新しいニキビも阻止可能なというわけなのです。

 

つまり、最先端医学からみると、この方のように、赤みも開いた毛穴、オイリー肌も、当然ニキビもビタミンCで対策できて自然という事なのです。

 

体験談4の患者さんなど一段と重症でしたが、私本人が信じられないほど、早く治られました。

 

現在ではこのようなタイプの患者さんが初診で診察室に入って来られると思わずニコっとしてしまいます。